酔象(読み)スイゾウ

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐ぞう ‥ザウ【酔象】

〘名〙
① 酒に酔った。転じて、狂暴なもののたとえにいう。
※今昔(1120頃か)四「酔象、を見てに迯去ぬ」 〔梁簡文帝‐八関斉制序〕
② 仏語。悪心のたとえ。
※廬山寺文書‐天祿元年(970)一〇月一六日・天台座主良源起請「傷害任意、不彼屠児、暴悪遍身猶同於酔象」 〔北本涅槃経‐二五〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酔象の関連情報