酢酸鉛紙(読み)サクサンナマリシ

世界大百科事典 第2版「酢酸鉛紙」の解説

さくさんなまりし【酢酸鉛紙 lead acetate paper】

硫化物イオンの検出に用いられる試験紙酢酸鉛(II)溶液をしみ込ませて乾燥させたろ()紙片で,鉛糖紙ともいう。水で湿らせてから硫化物イオンを含む試料溶液を滴下すると,硫化鉛生成されて黒変する(微量の場合は褐変)。【編集部】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版「酢酸鉛紙」の解説

酢酸鉛紙
サクサンナマリシ
lead acetate paper

鉛糖紙ともいう.酢酸鉛溶液をしみ込ませて乾燥した沪紙片.硫化物イオンの検出に用いられる.試料溶液の1滴を滴下すると,硫化鉛の生成により黒変する.微量のときには褐色を呈する.ガス中の硫化水素の検出にも用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android