試験紙(読み)シケンシ

  • test paper
  • 試験紙 test paper

世界大百科事典 第2版の解説

紙(一般にろ紙を用いる)に試験液をしみこませて乾燥したもの。試験紙を被験液に入れるか,被験液の1滴を試験紙上に落とし,色の変化で判定を行う。取扱いが簡便で運びができるので化学,医学の検査に利用される。化学では,リトマス試験紙(酸性,アルカリ性の判定),pH試験紙(水溶液のpH測定),ヨウ化カリウムデンプン紙(酸化剤の検出),酢酸鉛紙(硫化物イオンの検出)などがある。医学では,尿糖半定量試験紙,尿タンパク半定量試験紙,尿潜血反応試験紙,尿胆汁色素ビリルビン試験紙,尿ウロビリノーゲン試験紙,尿ケトン体試験紙(以上は尿を試料とする),血糖測定試験紙,血液尿素窒素測定試験紙(以上は指頭や耳たぶなどから採取した血液を試料とする)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

試薬や指示薬を染み込ませた紙。試料溶液中に浸すか、これに溶液を一、二滴落として、色彩の変化や発色により目的の物質の存在を知る。リトマス試験紙・硝酸銀試験紙など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 酸性、アルカリ性などを手軽に検知することのできる試薬を塗布した紙。指示薬を浸み込ませ、乾燥してつくった濾過(ろか)紙片。試料溶液にひたし、紙片の色の変化をみて溶液の性質を判断する。リトマス試験紙、硝酸銀試験紙、酢酸鉛紙など。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

指示薬や各種の試薬溶液をしみ込ませて乾燥させた沪紙.色素リトマスをしみ込ませたものをリトマス紙,種々の酸塩基指示薬をしみ込ませたpH試験紙,硝酸銀溶液をしみ込ませた試験紙,鉛糖紙(酢酸鉛紙),ヨウ化カリウムデンプン紙クルクマ紙などがあり,定性分析の確認反応に用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

試験紙の関連情報