コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化鉛 りゅうかなまりlead sulfide

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかなまり【硫化鉛 lead sulfide】

化学式PbS。天然には方鉛鉱として,また他の硫化鉱物とともに産出する。2価の鉛の化合物のみが知られている。鉛(II)化合物の水溶液硫化水素を通じるか,酢酸鉛(II)水溶液を加熱しながらチオ尿素を加えると,黒色の沈殿として得られる。等軸晶系で塩化ナトリウム型構造をもち,融点1114℃。密度は7.59g/cm3。水にはほとんど不溶で,水100gに対する溶解度は18℃で8.6×10-5g程度。希塩酸希硫酸にはほとんど溶けないが,硝酸には溶ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

硫化鉛の関連キーワード化合物半導体NML天体光導電セル酢酸鉛紙カイパー光検出器半導体鉛糖紙光伝導沈着症

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android