コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化鉛 りゅうかなまりlead sulfide

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかなまり【硫化鉛 lead sulfide】

化学式PbS。天然には方鉛鉱として,また他の硫化鉱物とともに産出する。2価の鉛の化合物のみが知られている。鉛(II)化合物の水溶液硫化水素を通じるか,酢酸鉛(II)水溶液を加熱しながらチオ尿素を加えると,黒色の沈殿として得られる。等軸晶系で塩化ナトリウム型構造をもち,融点1114℃。密度は7.59g/cm3。水にはほとんど不溶で,水100gに対する溶解度は18℃で8.6×10-5g程度。希塩酸希硫酸にはほとんど溶けないが,硝酸には溶ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android