コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛糖紙 エントウシ

デジタル大辞泉の解説

えんとう‐し〔エンタウ‐〕【鉛糖紙】

酢酸鉛(Ⅱ)を濾紙(ろし)にしみ込ませて乾かしたもの。硫化物に触れると黒変するので、硫黄化合物の検出に使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉛糖紙
えんとうし
lead paper

酢酸鉛()三水和物を鉛糖といったので、この名がある。酢酸鉛()Pb(CH3COO)2溶液に浸して乾燥した試験紙で、酢酸鉛紙ともいう。硫化物イオンS2-やクロム酸イオンCrO42-の検出に用いる。硫化物イオンを含む溶液を酸性にして加熱するか、あるいは加熱により分解して硫化水素を発生する物質、たとえばエチルメルカプタンのようなメルカプト基-SHをもつ物質とかチオアセトアミドのような物質の検出には、水で湿した当該試験紙をかざすか、試験紙に検液の1滴を滴下すると、硫化鉛()の生成により黒変する。微量の場合は褐色を呈する。クロム酸イオンとは黄色のクロム酸鉛PbCrO4を生成する。[成澤芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鉛糖紙の言及

【酢酸鉛紙】より

…硫化物イオンの検出に用いられる試験紙。酢酸鉛(II)溶液をしみ込ませて乾燥させたろ(濾)紙片で,鉛糖紙ともいう。水で湿らせてから硫化物イオンを含む試料溶液を滴下すると,硫化鉛が生成されて黒変する(微量の場合は褐変)。…

※「鉛糖紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉛糖紙の関連キーワード酢酸鉛紙

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android