酬恩祭(読み)シュウオンサイ

大辞林 第三版の解説

しゅうおんさい【酬恩祭】

モーセがイスラエルの民の守るべき律法として定めた祭儀。旧約聖書「レビ記」にみられ、動物の脂肪を供えて神との親交を得ようとするもの。感謝の犠牲。謝祭。謝恩祭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android