酬恩祭(読み)シュウオンサイ

大辞林 第三版の解説

しゅうおんさい【酬恩祭】

モーセがイスラエルの民の守るべき律法として定めた祭儀。旧約聖書「レビ記」にみられ、動物の脂肪を供えて神との親交を得ようとするもの。感謝の犠牲。謝祭。謝恩祭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android