酸素テント(読み)さんそテント(英語表記)oxygen tent

翻訳|oxygen tent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸素テント
さんそテント
oxygen tent

重症の患者に高濃度の酸素呼吸させるための装置で,患者の上半身をおおう透明なプラスチックフィルム製のテントと,温度や湿度の調節された酸素の多い空気をこのテント内に循環させる装置とから成る。酸素を毎分 10~15l送ると,テント内の酸素含量は 50~60%に達する。酸素欠乏症の治療法として,呼吸困難,手術後,心臓発作時などの症例に適用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんそ‐テント【酸素テント】

患者にビニール製のテントをかぶせ、中に酸素を送り込んで、酸素濃度の高い空気を吸入させる装置。呼吸困難のときや麻酔のあとなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸素テントの関連情報