コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸素製鋼 さんそせいこうsteel making by oxygen blowing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸素製鋼
さんそせいこう
steel making by oxygen blowing

酸素を混ぜた富酸素空気または純酸素を用いて酸化吹錬する製鋼法。平炉転炉,アーク炉のどの場合でも用いられる。製鋼時間が短縮され鋼滓量は少くてすみ,また鋼中の水素が除去されるなどの効果がある。純酸素製造が安価になった現在は大きな製鋼工場はほとんど酸素工場を併設しており,純酸素による LD転炉法が製鋼の主流になっている。酸素製鋼の操業はすべて塩基性操業である (→製鋼 ) 。なお高炉でも富酸素空気を送る製銑が進んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

酸素製鋼の関連キーワード中山製鋼所鉄鋼業極低温銑鉄

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android