コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濫觴 ランショウ

デジタル大辞泉の解説

らん‐しょう〔‐シヤウ〕【濫×觴】

《揚子江のような大河も源は觴(さかずき)を(うか)べるほどの細流にすぎないという「荀子」子道にみえる孔子の言葉から》物事の起こり。始まり。起源。「私(わたくし)小説の濫觴と目される作品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らんしょう【濫觴】

〔大河もその源は觴さかずきを濫うかべるほどの小さな流れであるという「孔子家語」の言葉から〕
物事の始まり。起源。 「試験制度の-」 「 -をなす」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

濫觴の関連キーワード欄・亂・乱・卵・嵐・攬・欄・濫・爛・藍・蘭・覧・覽醍醐寺新要録仮名遣奥山路金峯山経塚関東総奉行池田 芦洲壕越二三治森羅万象豊臣秀吉朝鮮文学金鰲新話五条乙前レビュー安房神社桂川甫粲風俗小説ワグナー松平治郷遠州七窯一切経会

濫觴の関連情報