コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醍醐忠順 だいご ただおさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

醍醐忠順 だいご-ただおさ

1830-1900 幕末-明治時代の公卿(くぎょう),官僚。
文政13年3月17日生まれ。醍醐輝弘の3男。正二位,権(ごんの)大納言にすすむ。慶応4年参与となり,内国事務掛,大阪鎮台督,大阪裁判所総督をつとめた。さらに兵庫裁判所総督,大阪府知事などを歴任,その後侍従番長となった。従一位,貴族院議員。明治33年7月4日死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

醍醐忠順の関連キーワード賀陽宮好子妃殿下明治時代公卿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android