醒世恒言(読み)せいせいこうげん(英語表記)Xing-shi-heng-yan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国,の口語章回小説集。馮夢龍 (ふうむりょう) の編。 40巻。天啓7 (1627) 年刊。馮夢龍が家に蔵していた話本 (わほん) ,擬話本のテキスト校訂増補し,各巻1編,計 40編をまとめて出版したもの。同じ過程で相次いで出版された『喩世明言』『警世通言』とともに「三言」と呼ばれ,また凌濛初 (りょうもうしょ) の編著に成る「二拍」と合せて「三言二拍」と総称される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android