コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醒世恒言 せいせいこうげんXing-shi-heng-yan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

醒世恒言
せいせいこうげん
Xing-shi-heng-yan

中国,明の口語章回小説集。馮夢龍 (ふうむりょう) の編。 40巻。天啓7 (1627) 年刊。馮夢龍が家に蔵していた話本 (わほん) ,擬話本のテキストを校訂増補し,各巻1編,計 40編をまとめて出版したもの。同じ過程で相次いで出版された『喩世明言』『警世通言』とともに「三言」と呼ばれ,また凌濛初 (りょうもうしょ) の編著に成る「二拍」と合せて「三言二拍」と総称される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

醒世恒言の関連キーワード京本通俗小説拍案驚奇和刻三言白話小説今古奇観岡白駒英草紙馮夢竜

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android