コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三言二拍 さんげんにはく San-yan Er-pai

6件 の用語解説(三言二拍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三言二拍
さんげんにはく
San-yan Er-pai

中国,明末の口語短編小説集5種の総称。「三言」とは馮夢龍 (ふうむりょう) の編著『古今小説』 (『喩世明言』) ,『警世通言』『醒世恒言』をさし,「二拍」とは凌濛初 (りょうもうしょ) の編著『拍案驚奇』『二刻拍案驚奇』をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんげん‐にはく【三言二拍】

中国、明末に刊行された口語体の短編小説集の総称。三言とは、馮夢竜(ふうぼうりゅう)編著の「喩世(ゆせい)明言」「警世通言」「醒世(せいせい)恒言」、二拍とは、凌濛初(りょうもうしょ)編著の「拍案驚奇」「二刻拍案驚奇」をいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三言二拍【さんげんにはく】

中国,明代末期に出版された通俗短編小説集5種の総称。馮夢竜(ふうぼうりゅう)が編集した《喩世明言》《警世通言》醒世恒言》を三言,《初刻拍案驚奇》《二刻拍案驚奇》を二拍と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんげんにはく【三言二拍 Sān yán èr pāi】

中国,明代末期(17世紀前半)に出版された五つの口語体短編小説集の総称。すなわち馮夢竜(ふうぼうりゆう)編の《喩世明言》(原題は《古今小説》),《警世通言》《醒世恒言》の〈三言〉と,凌濛初(りようもうしよ)編の《初刻拍案驚奇》《二刻拍案驚奇》の〈二拍〉とを言う。各書とも40巻,計200巻。各巻が小説1編であるが,重複1編と《二刻拍案驚奇》第40巻が実は戯曲であるのを除き,全部で198編の小説を収める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんげんにはく【三言二拍】

中国、宋・元・明三代の口語体の短編小説集の総称。三言とは、明末、馮夢竜編の「喩世明言」「警世通言」「醒世恒言」をいい、二拍とは、凌蒙初編の「初刻拍案驚奇」「二刻拍案驚奇」をいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三言二拍
さんげんにはく

馮夢龍(ふうぼうりゅう)によって編集された『古今小説(ここんしょうせつ)』(1621?刊。のち『喩世明言(ゆせいめいげん)』と改題)、『警世通言(けいせいつうげん)』(1624)、『醒世恒言(せいせいこうげん)』(1627)、および凌濛初(りょうもうしょ)の『拍案驚奇(はくあんきょうき)』(1628)、『二刻拍案驚奇』(1632)の総称。明(みん)の嘉靖(かせい)年間(1522~67)に洪(こうべん)が、宋(そう)代以降、講釈師によって語られてきた小説(講釈の一種)のテキスト(話本(わほん))を『六十家小説』として刊行したのを受け、馮・凌2氏がこれ以降の話本や自己の創作をも加えて編集刊行したもの。各40編よりなるが、『二刻拍案驚奇』が戯曲を1編収め、かつその1編が『拍案驚奇』と重複するため総計198編からなる。「三言二拍」により、明末に存在していた話本のほとんどは目にしうるわけであるが、旧作も馮・凌2氏による改変を受けており、これをそのまま宋・元(げん)の話本とみなすことはできない。また刻するにふさわしくないと判断された話本が収められなかったことも、『六十家小説』の一部である『雨窓欹枕集(うそうきちんしゅう)』『清平山堂話本』、万暦ごろに刊行された『熊竜峯(ゆうりゅうほう)四種小説』および当時の通俗類書から知られる。「三言二拍」はその後このなかから40編を選んだ『今古奇観(きんこきかん)』が刊行されるに及び、中国では廃れるに至った。しかしその刊行よりおよそ100年を経て相次いで輸入された日本では、その一部に訓点を施した『小説三言』も刊行され、都賀庭鐘(つがていしょう)、上田秋成(あきなり)ら江戸時代の読本(よみほん)作家に多大な影響を及ぼすとともに、また明治に入って再発見されたその刊本は話本研究を大いに進展させた。[大塚秀高]
『松枝茂夫他訳『宋・元・明通俗小説選』(『中国古典文学大系25』所収・1970・平凡社) ▽辛島驍訳『全訳中国文学大系10~14 醒世恒言1~5』(1958・東洋文化協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三言二拍の言及

【白話小説】より

…これらの長編に対して,17世紀に入り,馮夢竜(ふうぼうりゆう)は《古今小説》(《喩世明言》),《警世通言》《醒世恒言》を著し,凌濛初(りようもうしよ)は《初刻拍案驚奇》《二刻拍案驚奇》を編んだ。いずれも当代の巷説,情話,奇談,怪異をとりあげ,世間や人生の諸相を反映した短編小説集で,総称して〈三言二拍(さんげんにはく)〉と呼ばれた。 こうした白話小説が日本に及ぼした影響は大きく,はやく17世紀ごろから長崎を通して舶載され,江戸は徂徠門,京は古義堂一門の儒学生の間に白話学(唐話学)のブームをもたらした。…

※「三言二拍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三言二拍の関連キーワード五山版勅版近刊出版物肉蒲団麻沙本挹婁大阪府藤井寺市古室大阪府藤井寺市沢田メトネル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone