コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馮夢龍 ひょうむりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馮夢龍
ひょうむりゅう

馮夢龍」のページをご覧ください。

馮夢龍
ふうぼうりょう

馮夢龍」のページをご覧ください。

馮夢龍
ふうむりょう
Feng Meng-long

[生]万暦2(1574)
[没]順治3(1646)
中国,明末の文学者。「ふうぼうりょう」「ひょうむりゅう」とも読む。呉県 (江蘇省) の人。字,猶龍,子猶など。号,姑蘇詞奴,茂苑野史氏,墨かん斎 (ぼくかんさい) 主人など。晩年の崇禎8 (1635) 年に寿寧 (福建省) の県知事となり,明が滅びるとそれに殉じたといわれる。通俗文学の編集,補訂の業績にその本領があり,小説では『喩世明言』『警世通言』『醒世恒言』のいわゆる「三言」をはじめ,『平妖伝』『列国志』などがあり,ほかに戯曲『墨かん斎伝奇定本』,散曲『太霞新秦』,蘇州の民謡『山歌』,笑話『笑府』,故事逸話『古今譚がい』『智嚢 (ちのう) 』などの著作がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

馮夢龍の関連キーワード馮夢龍(ふうむりょう)三言二拍拍案驚奇凌濛初補訂歌謡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android