醯鶏甕裏の天(読み)けいけいおうりのてん

  • けいけい
  • 甕裏(おうり)の天(てん)
  • 醯鶏

精選版 日本国語大辞典の解説

(孔子が老子に会った後、自分の視野の狭さを反省して弟子の顔回に自分は醯鶏のようだと語ったという「荘子‐田子方」の故事から) かめの中の小虫が、せまいかめの中だけが天地のすべてであると考え、外界を知らないこと。世間を知らないことのたとえ。井の内の蛙(かわず)大海を知らず。
※常山文集(1718)一四・七絶「西山風物思悠然、楽只醯雞甕裏天」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android