釈円栄朝(読み)しゃくえん えいちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

釈円栄朝 しゃくえん-えいちょう

1165-1247 鎌倉時代の僧。
永万元年生まれ。臨済(りんざい)宗。上野(こうずけ)(群馬県)の人。顕密二教をおさめたのち,明庵栄西(みょうあん-えいさい)にまなび,印可をうける。上野世良田に長楽寺をひらき,関東に禅をひろめた。門下円爾(えんに),蔵叟朗誉(ぞうそう-ろうよ)らがいる。宝治(ほうじ)元年9月26日死去。83歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android