コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明庵栄西 みょうあん えいさい

3件 の用語解説(明庵栄西の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明庵栄西 みょうあん-えいさい

1141-1215 平安後期-鎌倉時代の僧。
保延(ほうえん)7年4月20日生まれ。比叡(ひえい)山で顕密をまなび,仁安(にんあん)3年(1168)から2度宋(そう)(中国)にわたり,虚庵懐敞(こあん-えしょう)の法をつぐ。日本に臨済(りんざい)禅をつたえ,博多聖福寺,鎌倉寿福寺,京都建仁(けんにん)寺をひらいた。台密葉上(ようじょう)流の祖。茶種を移入して茶祖ともされる。建保(けんぽ)3年6/7月5日死去。75歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。俗姓は賀陽(かや)。別称は葉上房,千光(せんこう)祖師。栄西は「ようさい」ともよむ。著作に「興禅護国論」「喫茶養生記」など。
【格言など】もろこしの梢もさびし日の本のははその紅葉散りやしぬらん(「続古今和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

明庵栄西

没年:建保3.7.5(1215.8.1)
生年:永治1.4.20(1141.5.27)
鎌倉初期の僧。日本臨済宗千光派の祖。葉上房と号す。「みんなん・えいさい」,あるいは単に「えいさい」ともいう。備中(岡山県)吉備津神社の社家賀陽氏の人。比叡山で出家し,千命,有弁,顕意,基好などから天台教学や密教を学ぶ。特に基好を密教の正師とした。仁安3(1168)年入宋,東大寺俊乗房重源と共に帰国し,天台座主明雲に将来した天台章疏を呈す。その後20年間密教を研鑽し,台密葉上流を開く。文治3(1187)年インドを目指して再び入宋するが果たせず,たまたま出会った虚菴懐敞から,密教と禅の通じることを諭され,天台山,天童山で臨済宗黄竜派の禅を受法して帰国したことで,日本禅宗初祖とされた。建久5(1194)年叡山衆徒の反対で,達磨宗の大日房能忍と共に弘法を停止されるが,博多に聖福寺を建立し,また建久9年には『興禅護国論』を著して,戒律の重要性を説き,同時に能忍の禅宗理解の誤りを批判し,最澄が伝えた禅を復興することが自分の目的であることを主張した。正治1(1199)年鎌倉に寿福寺を建立,鎌倉幕府の帰依を受けて,幕府が主催する種々の法要の導師を勤める。建仁2(1202)年には将軍源頼家の外護で東山建仁寺(京都)を,延暦寺の末寺として建立,天台・密教・禅の三宗兼学の道場とした。建永1(1206)年重源の後を受けて東大寺大勧進職となり,東大寺や法勝寺(京都)の再建に努めた。茶種を将来し,『喫茶養生記』を著して将軍実朝に茶を薦めていることから,茶祖ともされる。その密禅を併修する禅風は,叡山への配慮からとする説もあるが,むしろそれが栄西の禅の特徴であり,弟子釈円房栄朝,退耕行勇,明全などを通じて,円爾,心地覚心,道元などに大きな影響を与えた。千光国師と諡される。6月5日鎌倉で示寂したともいう。<著作>『入唐縁起』『出家大綱』『菩提心論口決』<参考文献>虎関師錬『元亨釈書』,卍元師蛮本朝高僧伝』,多賀宗隼『栄西』,『中世禅家の思想』(日本思想大系16巻)

(中尾良信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明庵栄西
みょうあんえいさい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明庵栄西の関連キーワード正韵摂応晋恒春沢宗晃春見文勝福島慶道活山玄旭栄西臨済録聖福寺明全

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone