コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈迦如来像 しゃかにょらいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈迦如来像
しゃかにょらいぞう

仏教の開祖,釈迦如来の像 (→仏像 ) 。日本における代表的作例には法隆寺蔵,鞍作止利 (くらつくりのとり) 作『釈迦三尊像』 (623) ,神護寺蔵の仏画『釈迦如来像』 (12世紀前半) がある。なお釈迦の生涯の8つの重要な出来事を「釈迦八相」と称し,これを彫像,絵画などに造形化したものがインドをはじめ中国,朝鮮,日本の仏教美術作品にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

釈迦如来像の関連キーワード天竜寺(京都市)清凉寺式釈迦清涼寺釈迦像信濃国分寺跡弘仁貞観文化依知秦貞宗西村 公朝嵯峨の釈迦桜井(市)釈迦八相釈迦ヶ岳大報恩寺飛鳥大仏石窟庵蓮台寺高文進国分寺妙顕寺美里町豊楽寺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釈迦如来像の関連情報