コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈迦如来像 しゃかにょらいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈迦如来像
しゃかにょらいぞう

仏教の開祖,釈迦如来の像 (→仏像 ) 。日本における代表的作例には法隆寺蔵,鞍作止利 (くらつくりのとり) 作『釈迦三尊像』 (623) ,神護寺蔵の仏画『釈迦如来像』 (12世紀前半) がある。なお釈迦の生涯の8つの重要な出来事を「釈迦八相」と称し,これを彫像,絵画などに造形化したものがインドをはじめ中国,朝鮮,日本の仏教美術作品にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

釈迦如来像の関連キーワード天竜寺(京都市)清涼寺釈迦像清凉寺式釈迦弘仁貞観文化信濃国分寺跡嵯峨の釈迦桜井(市)西村 公朝依知秦貞宗釈迦八相大報恩寺飛鳥大仏釈迦ヶ岳玉仏寺高文進蓮台寺美里町国分寺妙顕寺称名寺

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釈迦如来像の関連情報