鞍作止利(読み)くらつくりのとり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鞍作止利
くらつくりのとり

飛鳥時代の代表的仏師止利仏師とも呼ばれ,鞍作鳥とも書く。『日本書紀』によると渡来人司馬達等の孫,坂田寺の丈六像を制作したと伝えられる鞍部多須奈の子。法隆寺金堂の金銅『釈迦三尊像』(623)の作者として,光背の銘文に名をとどめる(→釈迦如来像)。聖徳太子の命を受け,多くの仏像制作に従事。推古14(606)年,元興寺金堂の丈六像をつくり,功として大仁位に叙せられ水田 20町歩を賜ったといわれる。中国,北魏の仏像の形式や様式を基礎とし,より洗練された作風をもち,板耳,杏仁形の目などの表情,指の長い大きな手,細く長い首,下裳の着方,裳懸座(もかけざ。→台座)などに特色がある。このような様式の仏像を止利様と称する。(→飛鳥文化

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くらつくり‐の‐とり【鞍作止利/鞍作鳥】

飛鳥時代の仏師。司馬達等(しばたつと)の孫といわれる。飛鳥寺の丈六仏(飛鳥大仏)や法隆寺金堂の釈迦(しゃか)三尊像の作者。日本最初の本格的な仏師で、中国の北魏(ほくぎ)様式の流れをくみながら、いっそう洗練された作風は、止利様式とよばれる。止利仏師。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鞍作止利【くらつくりのとり】

飛鳥時代の仏師。生没年不明。止利仏師(とりぶっし)とも。祖父は司馬達等(しばたっと),父は多須奈(たすな)。仏教を信仰した渡来人の家系に生まれ,7世紀初め飛鳥(あすか)寺の本尊をつくり,623年には法隆寺金堂の金銅釈迦三尊(しゃかさんぞん)を完成。後者は彼の代表的遺作で,一光三尊の舟形光背(こうはい)を負い,裳懸(もかけ)座上にすわる。この像容は当時朝鮮半島を経由して伝えられた中国北魏(ほくぎ)末〜東・西魏ころの彫刻様式に基づいている。これと類似の飛鳥時代の作品が幾つかあり,いずれも鞍作止利の一派の作と思われ,止利の様式が日本の初期の仏像を支配していたことを示す。
→関連項目飛鳥大仏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くらつくりのとり【鞍作止利】

飛鳥時代の仏師。生没年不詳。止利(鳥)仏師ともよばれるが正しくは司馬鞍作首止利(しばのくらつくりのおびととり)。南梁からの帰化人司馬達等の孫というが,4世紀ごろに帰化した司馬一族の〈鞍作村主〉の子孫ではないかと考えられ,また朝鮮(百済)からの帰化人とする説もある。鞍作(鞍作部)の名が示すように馬具をつくる技術者集団の首長であったが,6世紀末ごろに大陸から新形式の鞍の技術が輸入されたとき,配下の金工,木工,染織の技術者とともに,新しい技術を生かして仏像製作に転向したとも考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鞍作止利の言及

【飛鳥美術】より

…《日本書紀》によれば610年高句麗王は,彩色・紙墨の技術者である僧曇徴を貢上するが,これは日本における画材の需要増大を反映しているとともに,その技術が高句麗からもたらされた点が注目される。また605年鞍作止利に銅・繡の丈六仏像各1軀を造らせたところ,高句麗王がこれを聞いて黄金300両を貢しており(紀),ここにも高句麗との関係がうかがえる。 鞍作止利は新漢人(いまきのあやひと)系の帰化人とみなされているが,太子の崩後に造立した法隆寺金堂の釈迦三尊像(623年銘)の作者である。…

※「鞍作止利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android