コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里山開発 さとやまかいはつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里山開発
さとやまかいはつ

奥地林開発に対する語。山林経済の向上と木材資源の充足に資すことを目的とした林野事業の施策の一つ。 1965年に国の政策として実施された。奥地未利用林の開発と,運搬,労力確保に便利な平地林 (里山) の造成をその内容とする。平地林造成の具体的指針としては,燃料革命によって利用価値の小さくなった薪炭林などを利用価値の大きなものに変えようというもので,次の2つがある。 (1) 切り開いて草地や放牧地にし,畜産振興に資すること。 (2) 雑木をすぎやひのき,松などの有用樹林に替えて用材林に置換する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

里山開発の関連情報