コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里山 サトヤマ

デジタル大辞泉の解説

さと‐やま【里山】

人里近くにある、生活に結びついた山や森林。薪(たきぎ)や山菜の採取などに利用される。適度に人の手が入ることで生態系のつりあいがとれている地域を指し、山林に隣接する農地と集落を含めていうこともある。→里海

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さとやま【里山】

奥山に対して人家の近くにある山をいうが,厳格な定義はない。古くから四壁林(しへきばやし),地続山(ちつづきやま)といわれていたのは,集落の周辺の山,田や畑に接続する山を意味し,里山は村落での生活の燃料採取の場であり,田畑の肥料の給源であった。したがって,村民共同で入林する入会山(いりあいやま)であった。幕末時代には換金作物を生産する風潮になり,これに対応して,近在の入会山地の個人所有への分割が進み始め,換金目的の製炭やスギ,ヒノキの人工造林が個人として実行されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さとやま【里山】

集落の近くにあり、かつては薪炭用木材や山菜などを採取していた、人と関わりのふかい森林。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

里山
さとやま

平地農村、都市近郊に存在した元薪炭林のこと。1960年(昭和35)ごろまで家庭用エネルギー(薪(まき)や木炭)、農業資材(緑肥)、住宅資材(屋根を葺(ふ)く萱(かや))など、生活に必要な資材を生産するために、村の周辺に入会(いりあい)林野または個人の森林が存在した。しかし、日本経済の発展に伴い、石油や化学肥料が利用されるようになると、この林野が利用されなくなり、放置された。1970年代以降、これらの林野が住宅やレジャーランド、ゴルフ場などとして大規模に開発されるようになり、これに反対する自然保護運動、トラスト運動がおこり、開発と保全が争点となった。その後、こうした林野は広く「里山」とよばれるようになり、環境林、風景林として維持するほか、生物の多様性を確保するビオトープの場所とするなど、新しい利用と管理が模索されることとなった。さらに、2000年(平成12)の循環型社会形成推進基本法の制定後、木質バイオマスが再生可能エネルギーの一つとして広く認識されるようになり、里山を薪やチップ、木質ペレットなどのエネルギー供給地として再評価する気運が高まっている。[飯田 繁・佐藤宣子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の里山の言及

【山の神】より

…山は人間に対して,正と負との両面の働きかけをすることにより,恩頼と畏怖の観念を同時に併存させた神秘的な存在であった。 山の領域空間は,人里の周囲の里山,そこから深く入った奥山,さらに険しい岳(たけ)とに分類することができる。里山では焼畑や常畑耕作を行い,草刈りや薪炭の製産を行って,日常的に身近な空間であるが,奥山は深い森林の中で猟師,木地屋(きじや),たたら師などの漂泊的な生産者の活動の場であった。…

※「里山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

里山の関連キーワード森の自然体験ミュージアム「ハローウッズ」森林総合研究所関西支所 森の展示館道の駅うつのみや ろまんちっく村新潟県十日町市松之山松口中央分ぶん水すい嶺れい玉川(埼玉県の旧町名)角川里の自然環境学校里山(さとやま)里山イニシアチブ北摂府立自然公園緑と水の連絡会議いわむら かずお森の力再生事業福島市小鳥の森金沢市民芸術村アーリーシャンオオムラサキ未来遺産運動のと里山海道明石海峡公園

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

里山の関連情報