コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用材林 ようざいりん high forest; seedling-forest

2件 の用語解説(用材林の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

用材林
ようざいりん
high forest; seedling-forest

建築材などの構造材の生産を主目的とする山林で,林木を大きく育てるところから高林または喬林とも呼ばれる。実生 (みしょう) の苗木を育てることが普通で,特に外国ではそれが重要視されているが,日本では挿木による場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

用材林
ようざいりん

森林の利用区分の一つ。森林は利用上、林業用地と非林業用地に区分され、さらに林業用地は薪炭林と用材林に細分される。用材とは、建築材、家具材、紙・パルプ材などに使用される木材のことであるが、その用途が多いため、用材の利用範囲を示すことは困難であり、一般に薪炭林以外の林業用地を用材林とよんでいる。日本の場合、薪炭需要が減少したこと、紙・パルプ原料が外材に依存するようになったことなどのため、林業生産に供される森林の多くは、建築材生産を目的とした用材林である。[飯田 繁・佐藤宣子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の用材林の言及

【森林】より

…庶民の生活のための燃料や米などの生産のための肥料を確保するための入会山(いりあいやま)の制度が定着し,一方,徳川幕府直轄の山林や各藩が支配する御林の制度ができた。御林は幕府や藩の用材林であり,みずからの使用に供するほか,財源ともなり,特定の材は一般の伐採を厳禁し,薪炭材などの生活用材のみの伐採を許した。とくに,林内で伐採して渓流部に集材し,河川の水流を利用して運材し,さらに海岸を回送する一連の技術とその体系は日本独自のものである。…

※「用材林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

用材林の関連キーワード形鋼構造材赤煉瓦階高本堤SFO非構造材嗜好飲料栽培協定真壁(大壁)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone