コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重イオン反応 じゅうイオンはんのう heavy ion reaction

1件 の用語解説(重イオン反応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重イオン反応
じゅうイオンはんのう
heavy ion reaction

イオン (普通は炭素以上の重い原子のイオンをいう) を入射粒子とする核反応。陽子やα粒子を入射粒子とする核反応では起らない現象がみられる。たとえば,炭素と炭素との反応では2個の原子核が1種の分子状態を経由して進行する現象,重い原子核に重イオンが吸収されて超重核を生じる現象などがみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の重イオン反応の言及

【核反応】より

…また,加速器の発達に伴い,重いイオンを高エネルギーに加速することが可能になり,重い原子核どうしの反応が盛んに行われ,原子核物理学のみならず医学を含む他の分野の研究にも役だっている。この種の反応は重イオン反応(重イオン衝突)と呼ばれる。 核反応の起こりやすさ,すなわち起こる確率は断面積cross sectionという量で表される。…

※「重イオン反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

重イオン反応の関連キーワードイオン化カチオン重イオンビーム超重核頭が重い重元素サハの式カルボカチオン重イオン衝突重イオン核反応

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone