コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

α粒子 アルファりゅうしα-particle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

α粒子
アルファりゅうし
α-particle

放射性核種がα崩壊するとき放出するα線を構成する粒子。実体はヘリウム4の原子核であるため,現在ではα崩壊で放出されるものだけでなく,一般にヘリウム4の原子核のことをいう。スピンは0でボース統計に従う。結合エネルギーは 28.3MeV。また閉殻の性質をもつ,安定で最小の原子核である。陽子中性子などとともに,核反応を起すための衝撃粒子として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アルファりゅうし【α粒子】

陽子二個、中性子二個よりなる、ヘリウムの原子核。

α粒子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のα粒子の言及

【α線】より

…原子核がα崩壊をするときに放出される放射線。ヘリウム4(4He)の原子核(α粒子α‐particle。陽子2個と中性子2個が結合したもの)の粒子線である。…

※「α粒子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

α粒子の関連キーワードガイガー(Hans Wilhelm Geiger)シュレーディンガーの猫ラザフォードの原子模型加速器(原子物理)ラザフォード散乱カリホルニウムチャドウィックサイクロトロンメンデレビウム中性子検出器重イオン反応プロメチウムクーロン障壁ヘリウム燃焼ブラッグ曲線トンネル効果キュリウム放射能探査電離放射線太陽宇宙線

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android