コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

α粒子 アルファりゅうしα-particle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

α粒子
アルファりゅうし
α-particle

放射性核種がα崩壊するとき放出するα線を構成する粒子。実体はヘリウム4の原子核であるため,現在ではα崩壊で放出されるものだけでなく,一般にヘリウム4の原子核のことをいう。スピンは0でボース統計に従う。結合エネルギーは 28.3MeV。また閉殻の性質をもつ,安定で最小の原子核である。陽子,中性子などとともに,核反応を起すための衝撃粒子として用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルファりゅうし【α粒子】

陽子二個、中性子二個よりなる、ヘリウムの原子核。

α粒子

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のα粒子の言及

【α線】より

…原子核がα崩壊をするときに放出される放射線。ヘリウム4(4He)の原子核(α粒子α‐particle。陽子2個と中性子2個が結合したもの)の粒子線である。…

※「α粒子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

α粒子の関連情報