コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重円錐構造 じゅうえんすいこうぞう cone-in-cone structure

1件 の用語解説(重円錐構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

重円錐構造

頁岩,泥灰岩,石炭などの中に見られる特殊な円錐状結核構造で,泥質の石灰岩マール,層状鉄鉱石,石炭などの15cm以下の薄い地層に見られる.コップを積み重ねたように多数の円錐形が互いに密集して連続的に重なり合って発達し,その間が粘土薄層で境されている特徴がある.この円錐形は直角に交差する隆起と縦の条線がある,円錐の軸は層理に直角となる傾向があり,円錐の頂点部は上向き下向きもある.繊維状の方解石が円錐軸に平行か平行に近く配列するのが見られ,シデライトや石膏でも同様な例が知られている.これらは圧力条件下で再結晶作用によって形成された二次的構造と考えられている[Richardson : 1923, Woodland : 1964,木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重円錐構造の関連キーワード一般炭泥灰岩頁岩油ジオードブレッシオラヴィ-コールスフェルロイドシャード

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone