コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重心系 じゅうしんけいcenter-of-mass system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重心系
じゅうしんけい
center-of-mass system

2粒子の衝突散乱を記述するとき,2粒子の重心に固定し,重心とともに動く座標系質量中心系ともいう。2粒子が相互作用だけで動いているとき,重心系は実験室系に対し等速度運動をする。重心系では2粒子の相対運動が直接に記述されるので,理論的計算が容易で,計算結果を実験室系に換算して実験値と比較する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうしん‐けい〔ヂユウシン‐〕【重心系】

二つの粒子が衝突や散乱をする場合に、両粒子の全運動量(重心運動量)が零となるようにとった座標系。理論的な計算は、実験室系に比べて容易になる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

重心系の関連キーワードSLAC国立加速器研究所火の玉模型モット散乱共鳴状態核スピンドレル比

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android