重敲(読み)おもたたき

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐たたき ヂュウ‥【重敲】

〘名〙 江戸時代の刑罰の一種。罪人の肩、背、尻を鞭(むち)で一〇〇回打つこと。江戸では牢屋同心が小伝馬町の牢屋の門前で執行した。八代将軍吉宗時代にはじまる。
※御触書天保集成‐一〇〇・寛政六年(1794)三月「博奕御仕置御定之内当分左之通、博奕打候もの 重

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の重敲の言及

【敲】より

…箒尻(ほうきじり)(竹片2本を麻苧(まお)で包み,その上にこよりを巻いた長さ58cmほどのもの)で罪囚の肩,背,臀(しり)を打つ身体刑(肉刑)。打つ回数によって五十敲(敲,軽敲(かるきたたき))と百敲(重敲)の別があった。庶民男子にのみ科し,武士・僧侶には適用せず,女子については過怠牢(かたいろう)の刑に換えた。…

※「重敲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android