重機(読み)じゅうき

精選版 日本国語大辞典「重機」の解説

じゅう‐き ヂュウ‥【重機】

〘名〙
※或る日の水間部隊長(1941)〈上田広〉三「山の頂に現れた敵が、迫撃砲、重機等を多数に持って」
機械類のうち、重工業用のもの。
※二人の友(1960)〈庄野潤三〉三「重機一に対して労務者二になる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android