コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重機関銃 ジュウキカンジュウ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐きかんじゅう〔ヂユウキクワンジユウ〕【重機関銃】

重量の比較的大きい、数人で扱う機関銃。命中精度が高く、長時間の連続射撃が可能。重機。→軽機関銃

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうきかんじゅう【重機関銃】

機関銃のうち、二~四人で操作する大型のもの。毎分500~1000発程度発射できる。重機。 → 軽機関銃

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の重機関銃の言及

【機関銃】より

…早い発射速度(単位時間当りの発射弾数)で連発できる口径20mm未満の小火器。歩兵の主要戦闘火器の一つで,重量によって重機関銃,軽機関銃などに区分される。重機関銃は,三脚または専用銃架に取り付け,地上目標のほか低空目標に対して使用される。…

※「重機関銃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重機関銃の関連情報