コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重爆撃機 ジュウバクゲキキ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ばくげきき〔ヂユウ‐〕【重爆撃機】

爆弾の搭載量が大きく、航続距離も長大な大型爆撃機重爆

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の重爆撃機の言及

【爆撃機】より

…そして開戦初期には偵察機で行っていた爆撃も,まもなく誕生した専門の爆撃機によって本格的に行われるようになり,終戦の18年には爆撃機の爆弾搭載量は1.5tを超えるまでになった。 それから20年後の第2次世界大戦になると,軍用機の性能向上と機種の分化はさらに進み,爆撃機の系列に属する機種として重爆撃機(大型で多量の爆弾,燃料の搭載ができる爆撃機),軽爆撃機(中型か小型で搭載量は小さいが,軽快な運動のできる爆撃機),急降下爆撃機(比較的小型で,爆弾の命中率のよい急降下爆撃ができるよう,がんじょうな構造と,急降下速度ブレーキなどの必要な装置を備えた爆撃機),および攻撃機が目覚ましく活躍した。そして陸上における大型重爆撃機の戦略爆撃と,海上における攻撃機・爆撃機の雷撃,爆撃は,ともに戦局の帰趨を大きく左右するほどに強力なものとなった。…

※「重爆撃機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重爆撃機の関連キーワードフランク・F. エベレスト第2次戦略兵器制限取決めオーバーロード作戦ボーイングBビスマルク級戦艦戦略兵器制限交渉戦略兵器削減交渉ビーにじゅうくSTART1統合戦略軍東京大空襲義烈空挺隊軍用機爆弾呑竜

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重爆撃機の関連情報