夜船閑話(読み)やせんかんわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜船閑話
やせんかんわ

白隠慧鶴述。1巻。白隠が禅病退治の秘要を述べたもの。彼は坐禅参究のあまり,神経疲労し,両腋から常に汗を生じ,両眼に涙するようになった。名医を求めて治療を試みたが,なかなか効が現れず,宝永7 (1710) 年白幽という仙人をたずねて治病の法を学び,心を丹田と足心におさめる法を会得して,ついに心身の軽安を覚えるにいたった体験を記している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やせんかんわ【夜船閑話】

江戸中期の仏教書。1巻。白隠慧鶴(はくいんえかく)述。宝暦7年(1757)刊。修行中に病気にかかり、独特の内観法により治癒した体験を記したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やせんかんわ【夜船閑話】

仮名法語。白隠慧鶴著。一巻。1757年(宝暦7)刊。過度の修行による病気を治す方法として内観という瞑想法が紹介されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android