コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重藤文夫 しげとう ふみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重藤文夫 しげとう-ふみお

1903-1982 昭和時代の放射線科医。
明治36年4月13日生まれ。山口赤十字病院レントゲン科医長をへて,広島赤十字病院副院長兼内科医長となる。赴任直後に被爆したが,他の被爆者の治療にあたる。昭和23年同病院長となり,併設の広島原爆病院長を兼務,広島原爆養護ホーム所長もつとめた。昭和57年10月18日死去。79歳。広島県出身。九州帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

重藤文夫の関連キーワード放射線科医昭和時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android