コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重障 ジュウショウ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐しょう〔ヂユウシヤウ〕【重障】

仏語。仏果を求めるのに障害となる重い罪業(ざいごう)。十悪・五逆の類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうしょう【重障】

〘仏〙 悟りを開くのに重い障りとなる罪業ざいごう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

重障の関連キーワード犯罪被害者救援基金犯罪被害者補償制度共鳴トンネル効果被害者補償ケラー仏語三障悟り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android