コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五逆 ゴギャク

デジタル大辞泉の解説

ご‐ぎゃく【五逆】

仏語。5種の最も重い罪。一般には、父を殺すこと、母を殺すこと、阿羅漢(あらかん)を殺すこと、僧の和合を破ること、仏身を傷つけることをいい、一つでも犯せば無間地獄(むけんじごく)に落ちると説かれる。五無間業。五逆罪。
主君・父・母・祖父・祖母を殺す

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごぎゃく【五逆】

〘仏〙 五つの最も重い罪。小乗では殺母・殺父・殺阿羅漢・出仏身血(仏身を傷つけること)・破和合僧(教団を乱すこと)をいう。大乗では、寺塔や経像などの破壊、三乗の教法をそしること、出家者の修行を妨げること、小乗の五逆の一つを犯すこと、業報を無視して悪行をなすことをいう。五逆罪。
主君・父・母・祖父・祖母を殺す罪。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五逆
ごぎゃく

仏教で説く5種の重罪五逆罪ともいう。この五つの重罪を犯すと、もっとも恐ろしい無間地獄(むけんじごく)に落ちるので、五無間業(ごむけんごう)ともいう。その数え方には異説が多いが、代表的なものは、(1)母を殺すこと、(2)父を殺すこと、(3)悟りを開いた聖者(阿羅漢(あらかん))を殺すこと、(4)仏の身体を傷つけて出血させること、(5)仏教教団を破壊し分裂させること、の五つの罪である。このうち、前二者は恩田(おんでん)(恩に報いなければならないもの)に背き、後三者は福田(ふくでん)(福徳を生み出すもの)に背くので、あわせて五逆といい、仏法をそしる謗法罪(ぼうほうざい)とともに、もっとも重い罪とされている。[瓜生津隆真]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五逆の言及

【罪】より

…こうして罪からの解放や脱却を模索するため,改悛や懺悔(ざんげ),救済や解脱(げだつ)などの問題が浮かび上がってくる。 仏教における罪は法(ダルマ)にそむく行為,戒律に反する行為であり,その代表的なものが〈五逆〉ないし〈五逆罪〉である。すなわち(1)母を殺すこと,(2)父を殺すこと,(3)僧(阿羅漢)を殺すこと,(4)仏の身体を傷つけること,(5)教団の和合一致を破壊することの5種の罪をいい,無間(むげん)地獄に堕ちる罪であるから〈五無間業(ごむげんごう)〉ともいうが,これは基本的には同じ仏教でいう〈五悪〉(または〈十悪〉)や,キリスト教でいう〈七大罪seven deadly sins〉などと同じく道徳的規範に反する罪悪に属する。…

※「五逆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五逆の関連キーワード五無間業阿鼻地獄悪人正機邪定聚阿羅漢和合仏語仏身三障三病三逆大乗三乗教法業報重障小乗逆罪阿鼻

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android