コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野上資親 のがみ すけちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野上資親 のがみ-すけちか

?-? 南北朝時代の武士。
豊後(ぶんご)(大分県)玖珠郡(くすぐん)野上の在地領主。鎌倉幕府滅亡後,足利尊氏にしたがう。足利直冬(ただふゆ)が九州を制圧するとこれに属し,観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年(1350)本領を安堵(あんど)された。直冬の九州退去後はまた尊氏にくみした。通称は但馬権守(たじまのごんのかみ),孫太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野上資親の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android