コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野付湾 ノツケワン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野付湾
のつけわん

北海道東部、根室(ねむろ)海峡に突き出た分岐砂嘴(さし)の野付崎によって囲まれた湾入。尾岱沼(おだいとう)ともいう。湾内には当幌(とうほろ)川、飛雁(とびかり)川が東流して注いでいる。湾内の浅瀬にはアマモが繁殖し、名産のシマエビが生息する。西岸に漁村の別海町尾岱沼集落があり、エビ打瀬(うたせ)網、カレイ刺網、コマイ・チカの定置網漁などが行われる。ハクチョウの飛来地としても知られている。なお、野付湾は野付半島とともに2005年(平成17)に、ラムサール条約登録湿地となった。[進藤賢一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の野付湾の言及

【尾岱沼】より

…北海道東部,根室支庁にある分岐砂嘴(ぶんきさし),野付崎に抱かれた野付湾のことをいう。冬季は白鳥の飛来地として知られ,春別川河口付近を中心に飛来するオオハクチョウは1万羽に達する。…

※「野付湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野付湾の関連情報