野冊(読み)ヤサツ

デジタル大辞泉の解説

や‐さつ【野冊】

植物採集のときに使う、2枚のや板にひもをつけたもの。間に採集した植物を吸水用の紙とともに挟んで持ち歩く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やさつ【野冊】

押し葉標本用に採集した植物を、はさんでおく紐ひものついた二枚の板。普通、竹を編んで作る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野冊
やさつ

野外で採集した植物を挟んで持ち歩くための用具。普通はベニヤ板、竹製の板、ボール紙などの間に新聞紙1ページを二つ折りにしたものを挟み、紐(ひも)で締めて用いる。花のあるものを採集したとき、その場で野冊に挟んで持ち帰ると傷んだり、散ったりする心配がない。ただ、採集現場で押すために、時間がかかるという欠点がある。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐さつ【野冊】

〘名〙 植物採集用具の一つ。竹・木・金網製などの二枚の板に新聞紙などの吸水用の紙をはさんでひもでくくったもの。主として野外で採集した植物を吸水紙の間にはさんで押葉標本として持ち帰るために使用する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android