コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口英世アフリカ賞 のぐちひでよあふりかしょう Hideyo Noguchi Africa Prize

1件 の用語解説(野口英世アフリカ賞の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

野口英世アフリカ賞

アフリカの医学研究や医療活動に貢献した医師や研究者を表彰する賞。アフリカのガーナに赴任中、自ら研究する黄熱病で死去した細菌学者・野口英世にちなみ、2006年に創設された。5年ごとに日本で開催されるアフリカ開発会議(TICAD)の際に授与される。第1回は2008年に開催された。受賞対象者は、アフリカの医学研究と医療活動、二つの分野でそれぞれ卓越した業績をあげた医師や研究者。国籍・年齢・性別は問わないが、生存者に限られる。各分野の受賞者にはそれぞれ賞金1億円が授与される。

(2013-6-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野口英世アフリカ賞の関連情報