コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ開発会議 あふりかかいはつかいぎ

3件 の用語解説(アフリカ開発会議の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

アフリカ開発会議

日本政府が、アフリカの発展を話し合うことを目的とする国際会議。日本が国連などと一緒に1993年から5年に1度開いてきており、2008年は「第4回アフリカ開発会議」を5月に横浜市で開催する。アフリカ諸国から首脳らが参加する予定。今回は経済成長の促進による貧困削減や、気候変動によって最も影響を受けやすいアフリカへの支援などが議題になる見通し。会議開催のもう1つの目的は、日本の国連安保理常任理事国入りに向けて、国連加盟国の4分の1以上を占めるアフリカ諸国の支持を拡大することだ。ただ、近年、中国が石油などの天然資源獲得を目的に、アフリカに急接近しており、日本の影響力低下も指摘されている。中国は06年に「中国・アフリカ協力フォーラム北京サミット」を北京で開催し、アフリカ48カ国の首脳らを集めて、影響力が増していることを国際社会に見せつけた。

(望月洋嗣 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アフリカ‐かいはつかいぎ〔‐カイハツクワイギ〕【アフリカ開発会議】

Tokyo International Conference on African Development》アフリカ諸国の開発を支援するために、日本が国際連合世界銀行などと共同で開催する国際会議。1993年にアフリカ諸国の国家元首を東京へ招いて第1回会議が催され、以降5年おきに首脳級会合が開かれている。アフリカ各国の経済成長の加速化、貧困の撲滅と世界経済への統合、平和の定着、持続可能な開発のための環境とエネルギーに関する国際協力などが話し合われる。TICAD(ティカッド)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカ開発会議
あふりかかいはつかいぎ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフリカ開発会議の関連キーワードTICADアフリカ舞舞会談対談話し合い話し合うブラックアフリカ和談アフリカのHIV感染とエイズアフリカ開発会議(TICAD)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフリカ開発会議の関連情報