コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ開発会議 あふりかかいはつかいぎ

3件 の用語解説(アフリカ開発会議の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

アフリカ開発会議

日本政府が、アフリカの発展を話し合うことを目的とする国際会議。日本が国連などと一緒に1993年から5年に1度開いてきており、2008年は「第4回アフリカ開発会議」を5月に横浜市で開催する。アフリカ諸国から首脳らが参加する予定。今回は経済成長の促進による貧困削減や、気候変動によって最も影響を受けやすいアフリカへの支援などが議題になる見通し。会議開催のもう1つの目的は、日本の国連安保理常任理事国入りに向けて、国連加盟国の4分の1以上を占めるアフリカ諸国の支持を拡大することだ。ただ、近年、中国が石油などの天然資源獲得を目的に、アフリカに急接近しており、日本の影響力低下も指摘されている。中国は06年に「中国・アフリカ協力フォーラム北京サミット」を北京で開催し、アフリカ48カ国の首脳らを集めて、影響力が増していることを国際社会に見せつけた。

(望月洋嗣 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アフリカ‐かいはつかいぎ〔‐カイハツクワイギ〕【アフリカ開発会議】

Tokyo International Conference on African Development》アフリカ諸国の開発を支援するために、日本が国際連合世界銀行などと共同で開催する国際会議。1993年にアフリカ諸国の国家元首を東京へ招いて第1回会議が催され、以降5年おきに首脳級会合が開かれている。アフリカ各国の経済成長の加速化、貧困の撲滅と世界経済への統合、平和の定着、持続可能な開発のための環境とエネルギーに関する国際協力などが話し合われる。TICAD(ティカッド)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカ開発会議
あふりかかいはつかいぎ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフリカ開発会議の関連情報