コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村清 のむら きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村清 のむら-きよし

1907-1997 昭和-平成時代の歌人。
明治40年5月25日生まれ。「三田短歌」をへて昭和9年から北原白秋に師事し,「多磨」同人。28年「コスモス」創刊発起人となり,同誌選者をつとめる。60年「皐月号」で日本歌人クラブ賞。平成9年8月24日死去。90歳。静岡県出身。慶大卒。歌集に「木犀湖」,エッセイ集に「緩なるべし」など。
【格言など】棺桶に片足入れし老なれど片足でできることはしませう(「老年」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野村清の関連キーワード三野村利左衛門

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android