コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野津基明 のづ もとあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野津基明 のづ-もとあき

1803-1876 江戸時代後期の武士。
享和3年4月8日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。竹奉行などをつとめる。隠居後は藩校弘道館軍学世話方。土御門(つちみかど)晴親にまなんで易をよくし,礼法にも通じた。明治9年死去。74歳。字(あざな)は亀齢。通称は藤次郎,文内。号は亀舎。編著に「彦根歌人伝」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野津基明の関連キーワードおもなお雇い外国人タスマニアリットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズスラブ音楽若宮丸漂流民

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android