コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野津鎮雄 のづ しずお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野津鎮雄 のづ-しずお

1835-1880 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)6年9月5日生まれ。野津道貫の兄。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。戊辰(ぼしん)戦争に参加。維新後,兵部省出仕。明治5年陸軍少将となり,7年佐賀の乱の鎮圧につくす。のち熊本,東京の鎮台司令長官。西南戦争では征討第一旅団司令長官をつとめた。11年中将。明治13年7月21日死去。46歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野津鎮雄

没年:明治13.7.21(1880)
生年:天保6.9.5(1835.10.26)
明治前期の陸軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士野津鎮圭の子。陸軍元帥野津道貫の兄。薩英・戊辰両戦争を経て,明治4(1871)年薩長土3藩の兵士により,明治政府の最初の直属軍隊御親兵が編成されると,薩藩の大隊長を務める。5年陸軍少将,7年佐賀の乱に際して,大阪鎮台歩兵2個大隊などを率い,大久保利通指揮の下,政府軍による佐賀城奪回に貢献した。乱後熊本鎮台司令長官,東京鎮台司令長官を歴任。10年西南戦争では,第1旅団司令長官を務め,博多から熊本に進撃するが,西郷軍の抵抗で,田原坂の戦に17日間を費やし,熊本城入城では,黒田清隆率いる八代からの背面攻撃軍に先を越された。11年中将に進む。<参考文献>黒竜会編『西南記伝』中

(山村義照)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

野津鎮雄の関連キーワード明治時代監軍

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野津鎮雄の関連情報