コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野津道貫 のづ みちつら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野津道貫 のづ-みちつら

1841-1908 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)12年11月3日生まれ。野津鎮雄の弟。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。戊辰(ぼしん)戦争に参加。維新後,陸軍大佐となり,佐賀の乱,西南戦争に従軍。日清(にっしん)戦争では第一軍司令官をつとめ,明治28年大将。教育総監などをへて,日露戦争では第四軍司令官。39年元帥。貴族院議員。明治41年10月18日死去。68歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野津道貫

没年:明治41.10.18(1908)
生年:天保12.11.3(1841.12.15)
明治期の陸軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士野津柴介の次男。11歳で父母を亡くし叔父折田氏に養われる。慶応4(1868)年鳥羽・伏見の戦で薩軍の6番隊長を務める。西郷隆盛を崇敬していたが,西南戦争では,征討軍第2旅団参謀長として従軍。九州の各地を転戦し,田原坂の戦で勇名を馳せた。明治12(1879)年東京鎮台司令官。16年陸軍卿大山巌 の海外軍事視察に随行。18年陸軍中将に進み,広島鎮台司令官,国防会議議員を歴任。日清戦争では第5師団長を務め平壌を陥落させた。山県有朋第1軍司令官が駐陣中病で召喚されたあと同官に補され連戦連勝,28年陸軍大将に進んだ。37年軍事参議官に補され,日露戦争が起こると62歳で第4軍司令官として満州(中国東北部)に出征し,常に第1軍(黒木軍),第2軍(奥軍)の中堅となって両軍の進撃を援護した。この際,野津のような攻城野戦の猛将で,猪突猛進型の司令官の下で,参謀長を務めることは容易でないと判断した軍中央は女婿の上原勇作少将をそれに当てた。39年1月元帥。陸軍中将鎮雄は兄。<参考文献>桜井忠温編『類聚伝記大日本史』14巻,墨堤隠士『海陸将校の書生時代』,松下芳男『日本軍閥興亡史』

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

野津道貫の関連キーワード末弘 ひろ子末弘ヒロ子川村景明明治時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野津道貫の関連情報