コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野瀬市太郎 のせ いちたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野瀬市太郎 のせ-いちたろう

1868-1931 明治-大正時代の政治家。
明治元年9月30日生まれ。28歳で滋賀県会議員,のち郷里東甲良(ひがしこうら)村(甲良町)の村長。農村共栄をはかって,隣接5ヵ村と厚生社信用組合を設立,犬上ダムの建設も計画。教育に力をいれた。昭和6年10月12日死去。64歳。東京専門学校(現早大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野瀬市太郎の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男戊辰戦争内田吐夢島津保次郎

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone