量水標(読み)りょうすいひょう

精選版 日本国語大辞典「量水標」の解説

りょうすい‐ひょう リャウスイヘウ【量水標】

〘名〙 河川湖沼・海などの水位を測るために設置された目盛りつきの柱。
風俗画報‐二七九号(1903)地理門「木曾川各所に量水標(リャウスヰヘウ)を建設し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「量水標」の解説

量水標【りょうすいひょう】

河川の適当な場所に立てて水面の高さ(水位)を読みとる目盛柱。通常は朝夕2回観測,洪水の時はひんぱんに行う。
→関連項目河川観測

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「量水標」の解説

りょうすい‐ひょう〔リヤウスイヘウ〕【量水標】

水位を測るために設置される、目盛りのついた標識柱。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android