コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量水標 リョウスイヒョウ

デジタル大辞泉の解説

りょうすい‐ひょう〔リヤウスイヘウ〕【量水標】

水位を測るために設置される、目盛りのついた標識柱。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

量水標【りょうすいひょう】

河川の適当な場所に立てて水面の高さ(水位)を読みとる目盛柱。通常は朝夕2回観測,洪水の時はひんぱんに行う。
→関連項目河川観測

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

りょうすいひょう【量水標】

川や貯水池の水位を測定するために設ける目盛りのついた標識。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone