金フラン(読み)きんフラン(英語表記)gold franc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金フラン
きんフラン
gold franc

1803年成立のフランス貨幣法のもとで発行され,その後ラテン通貨同盟参加国で発行・流通した同一の金価値をもつ金フラン貨のこと。その後金フランは,フランスフラン,スイスフラン,ベルギーフランなどに分化し,フランスだけをとっても年代順に3種類に区分される。一般に金フランと呼称されるのは初期のフラン貨であるジェミナールフラン (1865~1914,金平価は 0.29032258g) をさす。したがって金フラン自体は過去のものとなっているが,国際電気通信連合 ITU (旧国際電信電話連合) ,国際決済銀行 BISなどでは,今日でも金フランを計算単位に用いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android