金与正(読み)きむよじょん

  • 1987―

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の政治家。金正恩(キムジョンウン)の実妹。9月26日生まれ。金日成(キムイルソン)総合大学卒業。1990年代にスイス・ベルンの公立小学校で学ぶ。2011年12月金正日(キムジョンイル)死去の際、公開の場に初めて登場。2014年3月から公式報道に名前が出るようになり、9月には朝鮮労働党第一副部長より格上の序列で紹介される。その後、党中央委員会副部長に就任していることが判明した。2016年5月第7回党大会で中央委員就任、6月開催の最高人民会議では代議員になっていることが確認された。2017年10月に党中央委員会政治局員候補、2018年2月に党中央委員会第一副部長であることが判明。金正恩の現地指導や外遊に随行することが多く、プロパガンダを担う「宣伝扇動」を担当しているといわれる。

[礒﨑敦仁 2020年2月17日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金与正の関連情報