コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金正恩 きむじょんうん

2件 の用語解説(金正恩の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

金正恩

朝鮮労働党中央委員会委員で、金正日(キム・ジョンイル)朝鮮労働党中央委員会総書記の3男であり、権力の後継者であるとされる人物。公式に後継指名されたわけではない(2011年1月時点)が、朝鮮人民軍大将や党中央軍事委員会副委員長に就任したこと、国内での各種の宣伝や報道などから、後継者となることが確実視されている。
1983年に在日朝鮮人であった高英姫夫人との間に生まれたとされる。2010年9月には、朝鮮労働党代表者会で党中央委員に選出された同氏の映像や集合写真などが配信された。また、10月の朝鮮労働党創建65周年を記念する軍事パレードでは、金正日総書記と共に、パレードを観閲する同氏の様子が北朝鮮国内でテレビ中継され、諸外国のメディアも配信した。建国者である祖父の金日成(キム・イルソン)主席をほうふつとさせる風姿が注目された。12月には、金日成、金正日、金正恩の三代が並んだバッジが朝鮮人民軍将校に配布されたとも伝えられる。
「やつれている将軍様の姿」などと報道され(労働新聞2009年4月12日付)、金正日総書記の健康不安が高まるなか、後継候補として急浮上した。国内メディアでは、「不世出の領導者を迎えたわが民族の幸運」として、同氏の幼少からの天才性を称揚するとともに、核を保有するに至ったのも、同氏が海外留学のおりに米国及び帝国主義列強が起こした戦争を目の当たりにし、「核を持った者には核で対抗しなければならない」と決意を固めたためとしている。他に、軍、党と保安処、保安機関など国内で強大な権限を持っている部門の幹部を対象に、大々的な不正調査を主導しているとの情報も伝えられている。
「革命偉業を代を継いで完成」するという朝鮮民主主義人民共和国ではあるが、憲法上も労働党規約でも「世襲」の規定は存在しない。これらの動きは、経済政策で「軽工業の拍車と人民生活の向上」を掲げて、目に見える成果を示すとともに、幹部の規律を引き締めて後継体制を安定させ、その正統性を裏付けるための布石と解釈されている。

(金谷俊秀  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金正恩【きんしょうおん】

朝鮮民主主義人民共和国最高指導者で,金日成の三男。母は高英姫。スイスベルン国際学校で学んだといわれるが,ローザンヌ大学で学んだという説もある。2010年9月,朝鮮人民軍大将に任命,朝鮮労働者党代表者会議で中央委員,同中央委員会総会で党中央軍事委員会副委員長に選出された。
→関連項目金正日張成沢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

金正恩の関連キーワード朝鮮労働党不破哲三マレンコフ労働委員会国防委員長金正日(キム・ジョンイル)体制中央委員会共産党中央委員会全体会議朝鮮労働党中央軍事委員会金天海

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金正恩の関連情報