金久永(読み)きん きゅうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金久永 きん-きゅうえい

?-? 朝鮮の陶工。
慶長3年(1598)平戸領主松浦鎮信(まつら-しげのぶ)に連れられて日本にくる。肥前彼杵(そのき)郡木原(長崎県佐世保市)に葭(よし)の本(もと)窯をひらき,朝鮮風の陶器をやいた。平戸焼(三川内(みかわち)焼)の別系である木原焼の祖とされる。承応(じょうおう)年間(1652-55)に110歳余で死去したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android