金創/金瘡(読み)キンソウ

デジタル大辞泉の解説

きん‐そう〔‐サウ〕【金創/金×瘡】

刃物による切り傷。刀傷。
「左の股に受けたる―は」〈竜渓経国美談
切り傷の治療法。また、その施術者。
「とぶらひ来る中に、―の上手あり」〈咄・醒睡笑・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金創/金瘡の言及

【医療】より

…また仏教の大衆化も進んだが,この際,布教活動の一環として行われた救療活動は,大衆に対して専門的医療との距離を近づけた。さらに戦国時代には,外科(金創)の需要を高める。こうして一般庶民へのサービスによって生計をたてる開業医的な形式が広がっていった。…

※「金創/金瘡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android