コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金創/金瘡 キンソウ

1件 の用語解説(金創/金瘡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きん‐そう〔‐サウ〕【金創/金×瘡】

刃物による切り傷。刀傷。
「左の股に受けたる―は」〈竜渓経国美談
切り傷の治療法。また、その施術者。
「とぶらひ来る中に、―の上手あり」〈咄・醒睡笑・一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の金創/金瘡の言及

【医療】より

…また仏教の大衆化も進んだが,この際,布教活動の一環として行われた救療活動は,大衆に対して専門的医療との距離を近づけた。さらに戦国時代には,外科(金創)の需要を高める。こうして一般庶民へのサービスによって生計をたてる開業医的な形式が広がっていった。…

※「金創/金瘡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone