コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金創/金瘡 キンソウ

デジタル大辞泉の解説

きん‐そう〔‐サウ〕【金創/金×瘡】

刃物による切り傷。刀傷。
「左の股に受けたる―は」〈竜渓経国美談
切り傷の治療法。また、その施術者。
「とぶらひ来る中に、―の上手あり」〈咄・醒睡笑・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金創/金瘡の言及

【医療】より

…また仏教の大衆化も進んだが,この際,布教活動の一環として行われた救療活動は,大衆に対して専門的医療との距離を近づけた。さらに戦国時代には,外科(金創)の需要を高める。こうして一般庶民へのサービスによって生計をたてる開業医的な形式が広がっていった。…

※「金創/金瘡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

金創/金瘡の関連キーワードアルベール(1世)(ベルギー王)「陣中膏ガマの油売り」の口上ブライアン グリーンウッド日本郵便制度史(年表)GCCクウェート宣言トモダチ作戦被曝訴訟革新的資金メカニズム世界無形遺産日本特別基金小川 佐助樺山 愛輔伊良子光顕民間療法金融資産中条帯刀吉永升庵信用創造野村立栄栗崎道喜畠山政慶