金城一国斎(3代)(読み)きんじょう いっこくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金城一国斎(3代) きんじょう-いっこくさい

1829-1915 幕末-明治時代の漆工。
文政12年生まれ。江波(えば)焼の陶工池田金五郎の長男。2代一国斎から秘法をうけ,郷里の安芸(あき)江波村(広島市)で業をいとなむ。3男池田亀吉が4代をつぎ,勝人(かつと),長昭(ながあき),昭人(あきと)につたわる。一国斎高盛絵(たかもりえ)・金蒔絵(きんまきえ)は昭和29年広島県無形文化財に指定された。大正4年6月2日死去。87歳。姓は木下。名は兼太郎。別号春月

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android