コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金城一国斎(3代) きんじょう いっこくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金城一国斎(3代) きんじょう-いっこくさい

1829-1915 幕末-明治時代の漆工。
文政12年生まれ。江波(えば)焼の陶工池田金五郎の長男。2代一国斎から秘法をうけ,郷里の安芸(あき)江波村(広島市)で業をいとなむ。3男池田亀吉が4代をつぎ,勝人(かつと),長昭(ながあき),昭人(あきと)につたわる。一国斎高盛絵(たかもりえ)・金蒔絵(きんまきえ)は昭和29年広島県無形文化財に指定された。大正4年6月2日死去。87歳。姓は木下。名は兼太郎。別号春月

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金城一国斎(3代)の関連キーワード明治時代漆工

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android